宅配水の歴史

実は、宅配水は約30年くらい前から業務用(オフィス向け)としてサーバーを提供していました。主にオフィスのお水やお茶用の水として提供されていたのですね。一人換算でも費用は安いですし、美味しいお水でリフレッシュして仕事に、という方も多かったのではないでしょうか。

 

それが昨今の健康ブームに乗り、家庭でも宅配水をというニーズが高まり、サーバーが置かれるようになっていったのです。それまでミネラルウォーターを買っていた家庭でもこの宅配水に置き換える家が増えてきました。それでもまだまだシェアは低いものです。

 

でも、費用の面などからミネラルウォーターから置き換える家庭も増え始めています。前述のようにペットボトル1本換算で50から100円の差が出るならいっそ宅配水に、という家庭が増えたのでしょう。街中でも宅配している車を多く見かけるようになりました。

 

電話や注文メールですぐに宅配してくれる宅配水は、一度導入したら手放せないものになるでしょう。

 

2000年代に入ってから、家庭用宅配水サービスは本格化していきました。街頭で宅配水のデモンストレーションをご覧になったり実際に飲んでみた方も少なくないでしょう。そのころはまだ銘柄もあまりなく、ある会社の一人勝ちみたいな状態が続いたようです。

 

今ではたくさんの銘柄があります。どれを選んでいいのかわからないくらいです。選ぶのはその家庭ごとに違うでしょうから、納得いくお水を選びたいですね。

宅配水の歴史関連ページ

健康ブームに乗って
健康ブームに乗って宅配水のサービスが人気です。
宅配水の登場
宅配水は専用のサーバーを利用して水を提供するサービスです。
どんな水なの?
宅配水の水はどんな水なでのか説明します。
水道水との違い
水道水と宅配水の違いについて説明します。
まずはお試しから
宅配水はどれがいいだろう?と悩んでいる方も多いはずです。確かにいろいろな銘柄があり悩んでしまいますよね。そこで、まずはお試し申し込みをしてみましょう。
街頭お試しの例
ショッピングモールなどで宅配水のデモンストレーションを行ってる場合があります。
どのくらいの頻度で宅配されるのか
いったいどのくらいの頻度で家庭へ配送されるのでしょうか。
途中解約は出来るのか
もし宅配水に飽きてしまったら途中解約は出来るのでしょうか?
宅配水のメリットデメリット
便利な宅配水にもメリットとデメリットがあります。見ていきましょう。