水道水との違い

水道水と宅配水の違いは、消毒薬を使っているかいないかだと思います。

 

水道水は、取水してからろ過を繰り返し、最後に塩素消毒が行われて各家庭へと届けられます。そのため、例え健康に影響はないとしてもカルキ臭や塩素臭さが残ってしまいます。家庭によっては浄水器などをつけてこの塩素やカルキ臭を取り除いて使用していますね。

 

宅配水の多くは、ろ過はしても塩素消毒薬などの薬物は一切使用していません。ですからカルキ臭や塩素臭いことはまずありません。むしろ、天然に近い形で販売されているので前述のような甘みすら感じるのです。これなら毎日飲みたくなります。

 

もちろん水道水のろ過技術も進歩しています。塩素をなるべく使わない技術を取り入れている自治体もあります。でもまだまだです。それを補う意味で、浄水器を使ったりしているのです。でも浄水器はろ過カートリッジの定期交換など自分でしなくてはならないことが多いので大変ですよね。

 

宅配水は磨き上げた水ですのでサーバーに浄水器はついていません。また、サーバーにカビなどが発生しないか気になるところでしょうが、そこは定期メンテナンスによってきれいに清掃してもらえるので安全且つ衛生面にも優れた水だといえるのです。

 

また、会社によってはボトル使いきりという会社もあります。ボトルを再利用しないということで雑菌の発生率は低くなります。したがって、雑菌の発生しないクリーンな水が提供できるのです。

水道水との違い関連ページ

健康ブームに乗って
健康ブームに乗って宅配水のサービスが人気です。
宅配水の登場
宅配水は専用のサーバーを利用して水を提供するサービスです。
宅配水の歴史
実は、宅配水は約30年くらい前から業務用(オフィス向け)としてサーバーを提供していました。
どんな水なの?
宅配水の水はどんな水なでのか説明します。
まずはお試しから
宅配水はどれがいいだろう?と悩んでいる方も多いはずです。確かにいろいろな銘柄があり悩んでしまいますよね。そこで、まずはお試し申し込みをしてみましょう。
街頭お試しの例
ショッピングモールなどで宅配水のデモンストレーションを行ってる場合があります。
どのくらいの頻度で宅配されるのか
いったいどのくらいの頻度で家庭へ配送されるのでしょうか。
途中解約は出来るのか
もし宅配水に飽きてしまったら途中解約は出来るのでしょうか?
宅配水のメリットデメリット
便利な宅配水にもメリットとデメリットがあります。見ていきましょう。