宅配水のメリットデメリット

さて、こんなに便利な宅配水にもメリットとデメリットがあります。見ていきましょう。 まずメリットの1つは、冷水と温水が素早く使えるということです。青いコックをあければいつでも冷たいお水が飲めます。また急な来客でお茶やコーヒーの準備をしないといけないときは赤いコックを開ければいいのです。とても便利です。お湯を沸かさなくてもすでに常時沸いているのですから。 次のメリットは、好きな会社の好きな水を選べるということです。例えば、A社の宅配水を1年飲んでみて飽きてしまったかな、と感じたらB社と契約をしてそこでまた新たな宅配水を使用する、といったようにご自分の好きな会社の宅配水を自由に選べるのです。これなら飽きずに長年使っていけそうですね。 最後のメリットは、非常時や災害が発生した時にも水が使えるということです。もし電気が止まってしまっても、コックをあければ水は出る仕組みになっています。お湯は使えませんが、水は確保できるわけです。非常に助かります。 ここからはデメリットに触れてみましょう。一見メリットだらけのように見えますが、実はこんなデメリットもあるのです。 まず挙げられるのは、ランニングコスト(費用)が高い面です。特に、サーバーをレンタルしている場合は、A社の例でいきますと1500円くらいレンタル料がとられます。またBしゃではサーバーは無料レンタルですが水を毎月2本頼まないといけない、結果約4000円ほどの出費になる、ということです。ミネラルウォーターのほうが安いと思うかもしれませんね。 次に上げられるのは解約費用です。A社では、半年以内の解約で3150円解約料をとっています。ほかにも、1年以内の解約で約5000円ほど取られてしまう場合もあるのです。ですから契約前には解約料のこともきちんと調べておいたほうがいいでしょう。 このように、家庭用宅配水にもメリットデメリットがあるのです。きちんと調べてから契約したほうがいいですね。

宅配水のメリットデメリット関連ページ

健康ブームに乗って
健康ブームに乗って宅配水のサービスが人気です。
宅配水の登場
宅配水は専用のサーバーを利用して水を提供するサービスです。
宅配水の歴史
実は、宅配水は約30年くらい前から業務用(オフィス向け)としてサーバーを提供していました。
どんな水なの?
宅配水の水はどんな水なでのか説明します。
水道水との違い
水道水と宅配水の違いについて説明します。
まずはお試しから
宅配水はどれがいいだろう?と悩んでいる方も多いはずです。確かにいろいろな銘柄があり悩んでしまいますよね。そこで、まずはお試し申し込みをしてみましょう。
街頭お試しの例
ショッピングモールなどで宅配水のデモンストレーションを行ってる場合があります。
どのくらいの頻度で宅配されるのか
いったいどのくらいの頻度で家庭へ配送されるのでしょうか。
途中解約は出来るのか
もし宅配水に飽きてしまったら途中解約は出来るのでしょうか?