どんな種類の水があるのか

宅配水にはどのような種類の水があるのでしょうか?

 

水は大きく分けて3つに分類されます。1つは硬水、もう1つは軟水です。

 

硬水には、マグネシウムやカルシウムが多く含まれています。このマグネシウムなどを多く含んだのが硬水で、反対が軟水というように分類されます。

 

硬水は、主に北米やヨーロッパ地方で採掘されるものが多いようです、硬水は独特の味(カルシウムやマグネシウム)がするので飲用にはあまり適さないものが多いようですが、ミネラルを多く含んでいるのであえて飲用利用する方もいます。ただ、たくさん飲みすぎると腸内で分解しにくいので腸がゆるくなるなどの副作用もあります。

 

反対に軟水は、日本で飲まれている水のほとんどを占めます。マグネシウムやカルシウムが少ないので口当たりがやわらかく、飲んだときにまろやかな味がするのです。したがって、料理や飲用に適しているといえます。

 

宅配水の多くは、この軟水を利用しているのです。特に天然ミネラルを多く含んだ宅配水は非常に飲みやすく出来ています。雑菌などは処理してあるので、水本来の味が楽しめるでしょう。ちなみに水道水も軟水が多いようです。

 

純水はどうでしょう?純水は、何回もろ過を繰り返すことで水の不純物が取れ、すっきりした飲み心地になります。後味もなく、腸がゆるくなる心配もないです。

 

最近はこちらも注目されています。スーパーなどで見かける水サービスは、この純水を用いているところが多いです。
このように、水は大きく3つに分類できます。

どんな種類の水があるのか関連ページ

味に変わりはないの?
宅配水を始めて契約したユーザーにとって気になるのは、水の味ですよね。
宅配水の用途
どのような場面で宅配水を利用したらいいでしょうか
本当に美味しいのか
宅配水は本当に美味しいのでしょうか?